トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
  • 2017/03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/05
昨日のグラフ
2009年08月19日 (水) 17:43 | 編集
昨日のグラフを挿入しました。
皆さん、自分の感覚とデータを比較してみて下さい。
家計の金融資産
2009年08月18日 (火) 17:49 | 編集
今日は、家計の金融資産について調査していたので、簡単に備忘録。


平成18年の1世帯当たりの金融資産残高
金融資産


平均1,073万円、中央値420万円
(平均は、単純に平均値で高額保有者が引き上げている。中央値は人数的に真ん中の人がどこかを表す。ようするに中央値より多く持っている人が半分、少ない人が半分ということ)
平均値



年齢別の金融資産残高(H18)

20代  平均 171万円  中央値 60万円
30代  平均 455万円  中央値 172万円
40代  平均 812万円  中央値 350万円
50代  平均 1,154万円 中央値 600万円
60代  平均 1,601万円 中央値 780万円
70代以上平均 1,432万円 中央値 500万円

年代別


60代がピークなのは、退職金のせいでしょうね。

年収別の金融資産残高(H18)

無収入      平均 288万円  中央値 0万円
〜300万円     平均 560万円  中央値 70万円
300〜500万円   平均 971万円  中央値 340万円
400〜750万円   平均 1,148万円 中央値 620万円
750〜1,000万円  平均 1,427万円 中央値 988万円
1,000〜1,200万円 平均 1,982万円 中央値 1,450万円
1,200万円〜    平均 3,394万円 中央値 2,120万円   

年収別


年収と中央値を見比べてみて下さい。

借入金も見ました

1世帯当たりの借入金残高(H18)
平均 536万円 中央値 0万円

借入



さて、ここで考えるのは60歳の時にいくら必要かという事。
モーニングスターのページでは、モデルケースとして60歳で3,220万円必要な計算になっています。
リタイア



う〜ん、これでは金融資産保有額は平均世帯でも、中央値の世帯でも全くお金が足りない話になってしまいます。

資産残高が少ないのか?
老後に使うお金が多すぎるのか?

いずれにしても、厳しい結果が見えてきました。



ウェルカムFP
2009年08月02日 (日) 10:35 | 編集
昨日はFP協会の「ウェルカムFP研修&懇親会」がありまして
参加してきました。

研修の趣旨は、昨年新しくFP資格を取得された方々に、FP協会(東京支部)の活動の内容と知っていただくとともに、先輩FPの体験談などを紹介するというもの。

また、懇親会はFP同士で仲良くなり、今後の仕事や情報交換などに活用してもらおうというもの。

FP協会(東京支部)の開催する会合としては、一番良いものだと思いました。

特に懇親会では、もともと参加費を払ってこのような会合に出席してくる方々ばかりなので、意欲的な方も多く、大変有意義なお話が沢山できました。

ただ、僕のように開業してFP事務所をやられている方はほとんどいらっしゃらず、企業内FPの方が多いのは仕方のないところでしょうか。

個人的には、インドネシア出身の不動産投資家がいらっしゃって、彼とは非常に話が盛り上がりました。僕もこれから不動産投資は勉強を重ねていかなくてはいけない分野なので、今後も彼には色々教えてもらおうと思います。

また、さっきの開業した人間が少なかったからだと思いますが、当日の懇親会メンバーの方数名と再来週に食事会を開催して、僕の経験をお話しする時間もいただきました。

こんな僕の話でも、何かの役に立つのであれば有り難いことです。
フランスの年金制度
2009年07月31日 (金) 15:03 | 編集
クライアントさんでフランスに移住される方がいるんで、年金制度について調べています。

フランスも日本同様に複雑ではあります。
ざっと簡単に特徴に触れておくと

・職種ごとの複雑な年金制度
・財源は保険料(個人と事業主)負担。国庫負担はなし
・給付は60歳から
・給付額
 基準賃金年額×給付率×拠出四半期数/150〜160)+加給
・賦課方式

で、給付なんかは日本よりよっぽどわかりやすいです。

ヨーロッパらしいところは、制度改正の議論で
「仕事の肉体的負荷」についての議論がされています。

簡単に言うと肉体労働者は、ホワイトカラーよりも寿命が短い傾向があるので「特別な配慮」が必要だという議論です。

資料が2007年のものなので、その後の議論についてはわかりませんが、面白い視点ですね。

ただ、いずれにしても賦課方式なので、日本同様に高齢化が進むと立ち行かなくなってしまいます。

フランスはまだ出生率が1.98(2007年)なので日本よりはましともいえます。


CFP試験結果
2009年07月22日 (水) 12:02 | 編集
先程、先月受けたCFPの結果が発表されました。

結果は・・・

結果


6科目中5科目の合格
1科目「相続と事業承継」が不合格でした

まあ、ほとんど勉強できていなかったにしては、よくやった方だと思いますが、正直6科目1発で合格したかったところです。

はい、今回は完全に努力不足です。

11月に追試(というかもう一回)を受けてきます。
今度は1科目なので大丈夫だと思うんですけど。
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.