トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
  • 2017/07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017/09
アリババ
2009年08月25日 (火) 13:20 | 編集
アリババ(香港:1688)の株価が20香港ドルを超えました。

この銘柄は、僕も上場後しばらくしてから20ドル付近で買って、その後にずっと下がるのを見ていった株です。

昨年5ドル近くまで下げて、「さすがに下がりすぎ」と思って6ドルぐらいで買い増して、平均購入価格を10ドルぐらいまでナンピンしてました。

そうしたら、ようやく20ドルを回復してきましたので、平均取得価格の10ドルからしたら倍になりました。

そこでQさんの教えに従い、

「倍になったら半分売り」

を実行しようと思います。

早速半分売り注文出しました。

中国株セミナー(オンライン)
2009年07月31日 (金) 10:17 | 編集
今朝は、グローバルリンクアドバイザーズ戸松さんのオンラインセミナーを見てました。

内容は、普段会場で説明していることと同じですが、僕もここ最近は参加できていなかったので確認のためには良かったです。

新刊本も出ているようです。

本は、昨日頼んだので、今日届いて週末に読む予定にしてます。
内容はセミナーと変わらないと思いますけど、50銘柄の紹介もあるようですのでそれを読みたいと思ってます。
管理ツール
2009年07月30日 (木) 08:54 | 編集
以前、ご紹介したこともあるかと思いますが、僕が普段利用している中国株、ベトナム株の管理ツールです。

中国株は小林寛永さんの「China Stock Manager」を利用させていただいています。

ベトナム株は、上海ねこさんの「StockJournal」を利用させていただいています。

もちろん、証券会社のサイトをみれば管理できるんですが、複数の証券会社を使っていますし、僕と奥さんの口座も別々なので全体観を掴むのにはこのような管理ソフトを利用するのが便利です。

いちいちログインをする必要もないしね。

また、上海ねこさんは「FinancialReporter」という企業分析ソフトも作成されています。

こちらは、僕は先程インストールしたばかりなのでこれから利用してみますが、すごく便利そうです。


日本、中国、ベトナム株は上がりすぎか?
2009年06月02日 (火) 22:32 | 編集
中国株で有名なカテキンさんも書いていますが、なんと言うか今の相場は乗りにくいですね。

もちろん昨年の秋から買い増した部分はあるので、それはそれで良いのですが、PERでみると日本株(44倍)も中国株(上海20倍、香港ハンセン17倍)も結構上がりすぎな感じがします。
ベトナムもこの1ヶ月で相当上がりましたが、まだベトナムのほうが割高感はない(SSI30で14倍)と感じています。

コモディティもずいぶん騰がってしまって、ここから買い増すのも難しいのですが、まだコモディティのほうが長期的には信頼が置ける(ファンダメンタルが良い)とも思います。

利益確定の売り
2009年05月15日 (金) 09:59 | 編集
5月のGWと今週にそれぞれ、
安徽海螺水泥股分(0914)と康師伝控股(0322)を売却しました。

この2銘柄は2004年ごろから購入していたもので5年間保有するあいだに約4倍〜6倍に上昇した銘柄です。
やってきた中国株投資の中でもかなり良好なパフォーマンスをあげていた銘柄の一部だと思います。

ただ、以前から反省にあげているように2007年の高値の段階でも、長期保有を理由に全く売却はしてこなかった中国株ですが、一度利益確定もしてみるのも良いのではないかと思い、ここのところの株価回復でPER30倍になってきた、両銘柄を手放すことにしました。

一度、2月の段階で、低成長と思われる銘柄は処分していますので、残って保有している銘柄は、継続的に成長が見込まれてPER10〜15倍台(2008年実績で)の銘柄だけになります。

ここで、売却して得た資金は、また注意深く検討してまだ割安と思われる銘柄にゆっくり投資していこうと思ってます。
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.