トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
  • 2017/02 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017/04
JALの決算
2009年08月08日 (土) 07:31 | 編集
昨日、日経の夕刊1面でしたが、JALの決算はひどいもんですね。

四半期で1,000億円も赤字じゃ、2,000億円の公的融資なんか焼け石に水ですよね。

友人でJAL勤務の方も居るので、気が引けますが、JALには正直無くなるか、他の外資に買ってもらって、徹底的にリストラするしか無いんじゃないでしょうか。

でも、JALなんて誰も買わないだろうな。
借金棒引きでもしてもらわないと、コストが高いし、体質も最悪だろうから。

とりあえず給料を、中小企業並みに下げるところからやってほしいよね。それもできないと言うんでしょうけど。
画期的な政策(民主党)
2009年07月25日 (土) 16:13 | 編集
民主党政策集「INDEX2009」が発表されたようですね。
関係者しか配られていないようなので、僕の手元にはないのですが
長島さんのブログによると民主党が政権を取ったら「不動産の仲介両手を禁止する」らしいです。

これは、前職で不動産流通にかかわってきた僕からすると、革命的な政策です。
これが実行されれば、ずいぶんと日本の不動産情報の不透明性や不動産そのものの流動性が上がると考えています。

また、ネット上の不動産情報も画期的に変革する可能性が大きいです。

そもそも、不動産仲介業者は「両手」か「片手」かを選択するがゆえに、情報を「公開する」「公開しない」を考えるといったような変な風習があります。
両手が禁止になれば、ここら辺の弊害はなくなり、すべての不動産業者がREINSをはじめとして、不動産情報をこぞって掲載するようになると考えます。

問題は、政治的にその政策に対して圧力がかからないかどうかが心配です。

この1点だけでも民主党を応援する価値は充分ありそうです。
CITの救済
2009年07月20日 (月) 12:01 | 編集
米国のCITがとりあえずの融資を受けられそうです。
CIT near to sealing rescue package  (The Financial Times Limited)

とりあえず、3,000億円ほどつなぎで融資は受けれそうです。
この間に資産売却か、会社の売却先を探るんでしょうね。

とりあえず、早期破綻は回避できそうなのでマーケットにとっては一安心ですかね。
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.