トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
  • 2017/02 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017/04
オフショア投資
2009年08月25日 (火) 13:24 | 編集
先週、ハンサードという英国マン島のオフショア金融機関に口座を作りました。

オフショアの口座を作って、投資するということに挑戦していこうと思ってます。

詳細については、ブログには書きにくいのでメールか直接会って聞いてください。
さぼってましたけど更新
2009年08月20日 (木) 10:37 | 編集
投資の推移について更新をさぼってました。

中国株とベトナム株が頑張ってくれてます。
今月は、コモディティとエマージングのファンドオブファンドを見つけたので、それを買うつもり。

ベトナム株については、なかなか調査できていないんですけど、この夏〜秋にかけて買い増す予定。

成績
国家財政とインフレ
2009年08月18日 (火) 15:43 | 編集
昨日、藤巻さんの新書を読んだので「国家財政」について考えていました。

今度、高橋洋一氏の国家財政に関する本を読んでから整理しようとは思っていますが、単純に思っているのは下記の点。

・長期金利が上がった時には、日本は国債の利払いと、償還についてどうするの?
(利払いだけでも相当国家財政を逼迫させるよね)

・長期金利を上げないとすると、インフレ発生時には、金融政策によるインフレ調整は難しいよね。

・そもそも、国家サイドからすれば、インフレ発生は願ったり、叶ったりですよね。

・日本の家計のポートフォリオはインフレに対応できるんですか?
 (不動産を借金で買っていると良いかもね)

イボットソン訪問
2009年08月14日 (金) 14:40 | 編集
今日は、先週証券アナリストの研修会で講師をされていたイボットソンさんを訪問しました。

イボットソンは機関投資家の中では有名な会社だと思いますが、個人投資家にとっては遠い存在だと思います。

今回は我々FPに対して、提供できるツールがあるかどうか、今後のサービスについての検討、要求。

夜は、先日のFP協会で知り合った方々とお食事会。

こうやって一度会った方々と、どんどん広げてお話ができることを楽しんでますし、また非常に感謝しています。
アセット・アロケーション
2009年08月07日 (金) 07:21 | 編集
昨日は、証券アナリスト協会の主催で「個人資産のアセット・アロケーション」についてケーススタディがありました。

講師は、イボットソンの山口社長、小松原さん。

5〜6名のグループごとにケースを与えられて、チームで議論して、その家庭のアセットアロケーションを考えるという方式。

チーム内では、結構スムーズに議論がまとまったのですが、各チームの発表を聞くと、それぞれ色々な考え方があり、同じケースを与えられていても結論が大きく変わっていたりします。

アセットアロケーションが、資産運用に与える影響が多いのはご存知の通りですが、個人の場合そのアロケーションを検討するのは非常に難しいこと(個人投資家の投資目的はそれぞれ、1人の投資家が複数の目標を持っている、複数の目標間にトレードオフがある、時間とともに選好が変化する)だと再確認しました。



Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.