トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
  • 2017/11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018/01
今週の本
2009年08月10日 (月) 19:13 | 編集
今週は2冊オススメ

「世界金融危機後」に狙う中国株
By 戸松信博

中国株


グローバルリンクアドバイザーズの戸松さんの新刊。
中国のマクロ経済状況について整理されていますし、50銘柄の分析もついているので、まあ、現状の理解としては良いと思います。

初心者にとっても中国株式市場って何?みたいな話も入っているので役に立つと思いますよ。

これから中国株をやろうと思う人は、読んでおくと良いと思います。


逆説の仕事術 20の非常識があなたのビジネスを飛躍させる
By 鳥内 浩一

逆説


僕がメルマガを購読しているセミナーズの鳥内さんの本。

逆説とか書いていますけど、中身はきわめて王道な話ですよ。

事業をしている人であれば、大規模でも小規模でも参考になる点が沢山あると思います。

僕もこの本に書かれているエクササイズを全部洗い出してみました。

それだけで結構事業のアイデアというものは広がるものです。
さぼっていたレビュー
2009年08月03日 (月) 09:06 | 編集
本のレビューを結構さぼっていたのでアップします。
このほかにも、読んでいるのですがそれはまた後日。

次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉
By ヴィクター ソーン
中国


これは、好き嫌いが分かれる本でしょうね。
かなり怪しく胡散臭い印象を受けますが、僕の感想としてはここに書かれている内容は、世界の一つの見方だと思うので、こういう見方をすることによって世界の成り立ちのある部分が理解できる部分も否定できないと思います。

全くこういう話は、信じられないしウソだ、と思うような人は別に読まなくても良いと思います。

世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち
By 副島 隆彦

アメリカ


副島さんの本をまとめて読もうと思って4冊一気に読んでみました。

これはベトナム、タイの旅行中に読みました。

アメリカの思想史的なものって確かにあまり日本では開設されることが少ないですよね。

この本を読めば、アメリカの政治界でも誰がどのような主張を持っているのか、理解しやすくなると思います。

ちょっと古い本ですけど、良いと思います。

属国・日本論
By 副島 隆彦

日本

戦後日本の外交についての副島氏の考察です。

外交を専門でやっている方には当たり前の話も多いんですけど、日本人は何にしてもマスコミの報道を鵜呑みにして、現実をきちんと認識することが下手なので、そういう方にはお勧めだと思います。

そういう意味では、本当にマスコミの罪って重いと思うのですが、それってどの程度認識されてるんですかね。

いずれにしても、自分の頭でものを考えるという行為は本当に大事です。

全脳思考
By 神田 昌典

神田


副島さんの本からはがらっと変わって、神田さんの最新刊。

これまで神田さんが仕事をされてきた中で中心になっていることを非常に丁寧にテクニカルにまとめた本。

今後ビジネスを行っていくうえで、非常に有用な情報が多い本だと思いますので、ビジネスマンにはおすすめ。

僕もこの間、ここに書かれているモデルを使ってワークショップを行いましたが、次から次へとアイデアが湧いてきました。
副島さんの新刊
2009年06月02日 (火) 22:19 | 編集
先日、知り合いに副島さんの本を薦められました。
正直勉強不足で、副島さん自体を知らなかったのですが、とりあえず最新刊を読んでみました。

日米「振り込め詐欺」大恐慌―私たちの年金・保険は3分の1に削られる
By 副島 隆彦
副島



副島さんがアメリカ政治が専門であるので世界をアメリカを中心とした政治面から見て、それをまた経済面でも考察するという形を取っています。

僕ももちろん、政治と経済は表裏一体のものだと思ってはいましたが、この本に書かれているほどは理解していませんでした。

人によっては、受け入れがたい主張も多いのかもしれませんが、僕はある意味で経済的展望や主張は近いものを感じました。

今後、筆者の著作を少しまとめて読んで行こうと思います。
「道は開ける」〜レビュー
2009年05月27日 (水) 07:10 | 編集
先日の「人を動かす」の次に「道は開ける」を読了しました。
内容は良いといえば良いのですが、僕としては「人を動かす」の方が新しい発見が多かったです。

自己啓発書や優れたビジネスマンの話、果ては宗教に至るまで、大切な話は皆同じなんだなと、改めて認識した次第です。

道は開ける
道
「人を動かす」〜レビュー
2009年05月16日 (土) 08:43 | 編集
今、カーネギーの本を読んでいます。
自己啓発系の本としては、ナポレオン・ヒルに並び古典ともいえる本です。
「人を動かす」はコミュニケーション論
「人をほめる」「議論しない」「相手の立場に立つ」など本当に基本的な話ばかりなのですが、ついつい人はそれを忘れがちです。
アマゾンのレビューもかなり高いですね。

人を動かす


人を動かす 新装版
By デール カーネギー, Dale Carnegie, 山口 博
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.