トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
レンタルオフィス
2008年10月30日 (木) 12:09 | 編集
レンタルオフィスを借りることにしました。

ずいぶん前から事務所を探しておりまして、前にご紹介したような公的な施設にはなかなか入れなかったのですが、ここを借りて始めることに決めました。

最近改装したレンタルオフィスなのでデザインは良いのですが、はっきり言って個室は狭いです。

事務所

外観です。青山のこどもの城の隣246沿いです。

事務所2
事務所3
事務所4


まあ、内装や共用部はおしゃれですよね。

11月11日(火)から入れるようですので、遊びに来てください。
そんなにたくさんの人は入れないので少人数でお願いします。

場所は渋谷か表参道が近いです
地図
いまさらですが
2008年10月30日 (木) 08:05 | 編集
今更の話ではあるんですが、昨日中国株の追加投資をしようと思いまして、いつも使っているユナイテッドワールド証券に入金をしようと考えていました。

ただ、そういえば数ヶ月前に証券業協会から処分を受けていたなと言うことを思い出したので、ちょっと遡って調べてみました。

日本証券業協会の発表(6月27日)によると

1)システムリスク管理体制が極めて杜撰
・リスク管理委員会を開催していない、というよりも委員を選任していない
・障害に対する対応の体制がなっていない
・システム監査も行っていない

2)分別管理に係る顧客分別金信託額が不足している

3)本人確認が未済になっているものがある

という結果による処分だということがわかりました。
しかも、この指摘事項は以前から行政に指摘を受けていたにもかかわらず改善していなかった模様。

システムもともかく、分別管理がしっかりしていないというのは、証券業界としては考えられない行動ですよね。


ということで、いままでユナイテッドワールドは、この会社が本当に小さい頃から利用させていただいていましたし、また愛着はあるのですがこの処分を見る限り継続取引を見直す必要がありそうです。

具体的には、早急に株式を他社に移管し、現金も引き上げようと思います。

投資に関するリスクは、「投資している企業だけではない!」と改めて感じた次第です。
6月の処分の話で、いまさら何だ、という話ではあるんですけど。
ベトナムについてもう少し
2008年10月28日 (火) 14:49 | 編集
せっかくなのでベトナムネタをもう少し。

先週SSI証券より下記のメールが来てました。

Dear all,

Yesterday the State Bank of Vietnam (SBV) announced three important decisions that in our view will be positively considered by investors:

1. Cut the base rate by 1% (from 14% to 13%)
2. Increase interest rate paid on banks' compulsory reserve by 5% (from 5% to 10%)
3. Allow options for banks to early redeem the 20,300b VND compulsory notes that they bought in March

英語がたいしてできないので、正確かどうかはわかりませんが

中央銀行が
1)金利を引き下げた
2)預金準備に対する利子を引きあげた?
3)これは3月に銀行に買わせた債券を償還するということでしょうか?

いずれにしても金融緩和的な政策をとったようです。
SSIの情報は役に立つんですけど、気合いを入れないと英語をスルーしてしまうんですよね。

ベトナム株は、なかなか個別に買い増しできていないのですが置いておくだけで10%近くの利息が付いています。
まあ、これはこれで日本においておくよりいいですよね。

通貨の問題を気にする人も多いですが、これからは何も円ですべての消費を行う必要性がないと考えていますので、あまり為替のことは気にしなくてもいいのではないかと思ってます。

ドルのようにこれから先行きが弱くなる通貨はいやですけどね。
ベトナム株動画セミナー
2008年10月28日 (火) 14:03 | 編集
波野井さんのブログで紹介されていたニュース証券のベトナム株セミナーを拝聴しました。

講師は、豊島信彦さんで、この方は新興株をやる方ならご存知のチャーリー嶋さんです。

以前は、ユナイテッドワールド証券にいたんですけど、知らない間にニュース証券に移籍されたみたいですね。
その理由が気になります。

ベトナム株セミナーの内容自体は、かなり初心者向けで、ベトナムについてまだ何も情報がないという方は、入門として見ても良いと思います。

オープン型のファンド「アオザイ」も発売されているようです。

アオザイ


セミナーの要旨を書いておくと

1)ベトナム市場は日本の昭和30年〜40年代に似ていて、これから大きく成長する可能性が高い

2)とはいうものの、市場は大変小さいのでまだまだ海外のファンドを含む資金が入ってくるレベルにはない

3)よって個人投資家は今のうちに買っておくと、その恩恵を受けられるかもしれない

4)ベトナム株の成長の恩恵を受けるためには、時価総額の大きい優良企業を保有する事が近道である

5)時価総額が大きい企業は、これから上場される企業も多いのでそれを待っても良い

6)OTC(店頭)銘柄は、なかなか買えないし、個人は手を出さずにプロに任せておけばよい

7)決算発表内容なども、徐々に整備されてきてようやく投資するのにも状況が分かるようになってきた

というところだったと思います。
個別銘柄の推奨というほどのレベルでもありませんでした。


合格発表
2008年10月27日 (月) 15:47 | 編集
先月受験した、AFPの試験ですが今日HPにて合格発表がありました。

無事に合格しておりました。

ほっとすると同時に「マークシート形式なのに、なんでこんなに発表まで時間がかかるんだよ!」とも正直思っております。

何でなんでしょうか?裏事情を知っている人はこっそり教えてください。

そういえば、2級証券外務員も受かっていたようです。
先週連絡をもらいました。

まあ、いずれにしてもこれでFP業務を始める最低条件に近いところはそろいつつあるので、あとは実務を数多くこなしていきたいと思ってます。
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.