トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
アジア投資研究会発足
2009年01月29日 (木) 21:33 | 編集
来月2月から「アジア投資研究会」(通称アジ研)を大原創研の大原氏と立ち上げることになりました。

参加してみたいと思われる方がいらっしゃれば、連絡ください。
一応紹介制でやっていきます。
B/SとP/L
2009年01月24日 (土) 15:13 | 編集
今日は、友人の主催するクルーザー内での朝食会で講演してきました。
投資初心者の方々へ何か勉強になる話をとのオーダーでしたので、B/S(貸借対照表)とP/L(損益計算書)の話をしました。

簡単にお話しすると、株とかFXとか言う前に、自分のB/SとP/Lを確認する方が重要ですよ。
また、働いている人は、基本的に人的資本(ヒューマンキャピタル)が非常に大きいので、この評価を上げることがまず投資の王道ですよ。

などという話をしました。

自分自身のB/S、P/Lがぱっと書ける人と書けない人で、マネーセンスが測れると、僕は勝手に思ってます。
入れ替え
2009年01月21日 (水) 18:06 | 編集
今年に入ってからやらないとと思っていた中国株の入れ替えにようやく手をかけました。

とりあえず保有していた銘柄の中から、今後の成長性を見ていま一つ魅力を感じなかった銘柄については、大変安値なのは承知ですが売却しました。

銘柄としては

中国人民財産保険
この銘柄を持っているぐらいなら安くなった人寿の方が成長性あると思います

中国アルミ
アルミ市場に関しては、現在は大変安いと思っていますが、かといって中期的にどこまで回復していくのかは不透明

中海発展
超長期では、成長分野だとは思うが原油高も影響あるだろうし

北京北辰
これもデベロッパーであればもう少し業績が良いところがある

中国食品
内容は決して悪くはないが、これも食料品分野であればもう少し良い会社がある

ということで、長期で見ればどの会社も成長しないわけではないのですが、より成長しそうで且つ直近の業績も良い会社を選んでおくべきかと思いまして。

とりあえず換金はしたので、購入銘柄検討の方に力を注ぐことにします。
シンミンペーパー他
2009年01月19日 (月) 13:35 | 編集
証券タイムズ向けのコラムです。
ブログ読者には先行公開しておきます。

中国視察の3回目です。招金鉱業(HK1818)の後には、晨鳴紙業(HK1812)へ行きました。
晨鳴紙業は、山東省寿光を中心に展開している製紙業者です。
工場見学をさせていただいたのですが、この視察中で見てきたどこの工場よりも近代的な生産ラインにびっくりしました。筆者は日本国内の製紙業の生産ラインを見たことがないので比較ができないのですが、十分高度で完全に自動化されているように見受けられました。直近の決算の内容を確認すると、08年9月の第3四半期決算では売上高約13%増、税引後当期利益約73%増と成長しています。製造した紙は主に国内消費向けのようですので製品需要もそこまで極端に落ち込むことも無いように感じます。原材料であるパルプはほとんど輸入という話でしたので、元高によって恩恵を受ける企業です。
但し、一点気になったのは寿光市で宿泊した超豪華ホテルが、この晨鳴紙業の運営するホテルであったこと。過去の日本企業でもありましたが、本業に関係のないところで投資回収の不透明な投資(この場合ホテル運営)を行っていることには疑問を感じました。
 次には山東墨龍(HK0568)。こちらは石油採掘の機械並びにパイプラインを製造しているメーカーです。こちらは、中国国内の石油採掘会社はもちろんのこと欧米系の石油採掘会社にも販売をしています。シームレス管というと日本では住友金属が有名ですが、この企業でも十分使用に耐えられるものを製造しているということです。受けた印象としては、確かに品質や生産過程(特に安全面など)は日本のメーカーにはまだまだ及ばない点が多いものの、販売実績からすれば十分に価格に釣り合うだけの品質を具えているように見えました。こちらも2008年6月の半期決算では、売上高約30%増、税引後当期利益約54%と躍進しています。
今回の最後に紹介するのは羅新薬業(HK8058)。これは製薬会社です。中国の製薬市場は年間13%以上の成長をしているといわれていますが、製薬会社の数が多すぎて競争が激しい業界でもあります。羅新薬業の説明では中国政府には製薬業界の再編を意図しているとの説明があり、今後はシェアも上位企業に集中していく傾向があるようです。外資の参入についは危惧する必要があるとは思いますが、それでもこの会社を含めた製薬業は国内需要向けの成長産業であることは間違いないと思います。
2009年1月 ポートフォリオ
2009年01月13日 (火) 15:49 | 編集
2009年1月のポートフォリオです。

2009年1月


新年からポートフォリオに会社(ビジネス)を追加しました。
まだ、きちんとしたキャッシュフローを生む状態にはなっていないので評価は解散価値にしています。

今年の目標は、中国株、ベトナム株の投資はもちろんのこと、このビジネスの評価をできる限り高めることが目標になると思います。

中国株についても入れ替えが必要だと感じながらも全然手がつけられていません。
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.