トラッキーの徒然中国株・ベトナム株投資日記
トラッキーによる、中国株・ベトナム株・不動産その他投資を中心とした日記
  • 2017/03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/05
昨日のグラフ
2009年08月19日 (水) 17:43 | 編集
昨日のグラフを挿入しました。
皆さん、自分の感覚とデータを比較してみて下さい。
家計の金融資産
2009年08月18日 (火) 17:49 | 編集
今日は、家計の金融資産について調査していたので、簡単に備忘録。


平成18年の1世帯当たりの金融資産残高
金融資産


平均1,073万円、中央値420万円
(平均は、単純に平均値で高額保有者が引き上げている。中央値は人数的に真ん中の人がどこかを表す。ようするに中央値より多く持っている人が半分、少ない人が半分ということ)
平均値



年齢別の金融資産残高(H18)

20代  平均 171万円  中央値 60万円
30代  平均 455万円  中央値 172万円
40代  平均 812万円  中央値 350万円
50代  平均 1,154万円 中央値 600万円
60代  平均 1,601万円 中央値 780万円
70代以上平均 1,432万円 中央値 500万円

年代別


60代がピークなのは、退職金のせいでしょうね。

年収別の金融資産残高(H18)

無収入      平均 288万円  中央値 0万円
〜300万円     平均 560万円  中央値 70万円
300〜500万円   平均 971万円  中央値 340万円
400〜750万円   平均 1,148万円 中央値 620万円
750〜1,000万円  平均 1,427万円 中央値 988万円
1,000〜1,200万円 平均 1,982万円 中央値 1,450万円
1,200万円〜    平均 3,394万円 中央値 2,120万円   

年収別


年収と中央値を見比べてみて下さい。

借入金も見ました

1世帯当たりの借入金残高(H18)
平均 536万円 中央値 0万円

借入



さて、ここで考えるのは60歳の時にいくら必要かという事。
モーニングスターのページでは、モデルケースとして60歳で3,220万円必要な計算になっています。
リタイア



う〜ん、これでは金融資産保有額は平均世帯でも、中央値の世帯でも全くお金が足りない話になってしまいます。

資産残高が少ないのか?
老後に使うお金が多すぎるのか?

いずれにしても、厳しい結果が見えてきました。



国家財政とインフレ
2009年08月18日 (火) 15:43 | 編集
昨日、藤巻さんの新書を読んだので「国家財政」について考えていました。

今度、高橋洋一氏の国家財政に関する本を読んでから整理しようとは思っていますが、単純に思っているのは下記の点。

・長期金利が上がった時には、日本は国債の利払いと、償還についてどうするの?
(利払いだけでも相当国家財政を逼迫させるよね)

・長期金利を上げないとすると、インフレ発生時には、金融政策によるインフレ調整は難しいよね。

・そもそも、国家サイドからすれば、インフレ発生は願ったり、叶ったりですよね。

・日本の家計のポートフォリオはインフレに対応できるんですか?
 (不動産を借金で買っていると良いかもね)

引っ越ししたいんですけど
2009年08月18日 (火) 15:01 | 編集
とある理由で、このDTIブログからgoogleのbloggerに引っ越ししようと思っています。

ですが、ここで1年半以上書いてきた記事については、一緒に持っていきたいと思っているのですが、これが大変な作業。

現在のところ、数時間かけて格闘しておりますが、これといった解決策には辿り着いておりません。

現在はレンタルサーバー上にMovable Typeをセッティングして、何とかならないものかと苦闘していますが、これもいま一つすっきりは行きません。

どなたか良い方法があれば教えてほしいものです。
webでは結構探したんですけど、難しいです。
本田健×澤上篤人×早川周作のセミナー
2009年08月17日 (月) 10:55 | 編集
土曜日は本田健×澤上篤人×早川周作のセミナーに行ってきました。

本田健は、初めて本人を見ましたが、想像していた印象とは結構違いました。まあ、それは良いんですけど。

本田さんの講演内容を簡単にまとめておきます。
大半は本に書いてある内容です。

今後成功していくであろう人のポイント

・夢を持っている人
・情熱を持っている人
・応援され上手な人
・クリエイティブなアイディアを出せる人
・信頼される人

お金と幸せについて

年収300〜400万円の人は日常的にお金の面でストレスを感じることが多い。

年収900〜3,000万円までは、増えれば増えただけ幸せ実感度は上がる

年収3,000万円を超えてくると、あまり金額は幸せ度に影響を与えない

逆に年収10,000万円を超えてくると、別の意味でストレス(有名人、金に寄ってくる人)を感じるようになる

と、言うことは年収3,000万円ぐらいを当面の目標にするのが良いということでしょうね。

お金に関する態度

・キレイに稼ぐ
・キレイに使う
・お金と感情の関係を理解する
・お金の持つ力を理解する
・お金と適度な距離感を保つ

お金によって感情が揺れないようにすることがポイントだそうです。

お金のIQ

・稼ぐ
・賢く使う
・守る
・増やす

お金のEQ

・気持ちよく受け取る
・感謝して味わう
・信頼できるかどうか?
・分かち合う

人生を楽しく過ごす8つのカギ

・心から大好きなことをやる!
・選んだ分野で1番になる
・独自の世界観を持つ
・応援される
・きちんとしたシステムを構築する
・出会う人全てにメリットを与える
・パートナーシップを大切にする(夫婦や事業パートナー)
・情熱的に分かち合う

ベストセラーを書く秘訣

・テーマと時代の流れを沿わせる
・作者の情熱が伝わる本を書く
・タイトル・キーワードが重要
・マーケティングも重要
・共感されるか?

本や講演でのポイント「はひふへほ」

は・・・はっとすること
ひ・・・ひーっと言わせること
ふ・・・ふっと一息つけること
へ・・・へぇーと納得感を与えること
ほ・・・ほっと安心感を与えること

最後に

・自分にとって何が大切かを、よくよく考えること
・時間は命と同義
・一番大切だと思うことに時間とエネルギーを注ぐこと
・やりたい事やその感情を分かち合う
・またその行動や格闘している姿分かち合う

という内容でした。
通常1日半で伝える内容を45分でしゃべりましたとの話でしたので、内容は非常に量が多かったです。

大半が、本に書いている話ではありますが、やはり本人の口から聞くとまたモチベーションは上がるものです。

ゆっくりと咀嚼、消化して実践していくことが大事だと思いました。





Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.